03-3262-6901 事前にご連絡頂ければ時間外も対応いたします。
お気軽にお問合せください。
営業時間
平日 10:30~18:00

離婚問題に関する記事一覧

  1. 弁護士 廣瀬 太亮 >
  2. 離婚問題に関する記事一覧

離婚問題

離婚とは、生存中の夫婦が法律上(戸籍上)成立している婚姻関係を、将来に向かって解消することをいいます。法律婚主義を採用している我が国では、離婚するためには、離婚届けを所定の役所に届け、受理される必要があります。

離婚には大きく分けて「協議離婚」・「調停離婚」・「審判離婚」・「裁判離婚」という4つのパターンがあります。

「協議離婚」とは、夫婦がふたりで話し合って離婚をすることで、お互いが合意納得していれば、そのほかの要件は不要です。今日離婚する夫婦の90%がこの協議離婚によって離婚しています。

「調停離婚」とは、夫婦の話し合いがまとまらない場合に、離婚をしたい夫婦のどちらかが、離婚調停の申立てを管轄の家庭裁判所に申し立てることで行われます。ただし、裁判での離婚とは異なり、最終的に夫婦間の合意がなければ、離婚は成立しません。

「審判離婚」とは、離婚調停をしている夫婦が調停でも話がまとまらず、調停が成立する可能性が低い場合に家庭裁判所が調停に代え、審判により離婚を成立させるというものです。
離婚審判が確定すれば離婚が成立しますが、審判に納得がいかなければ、裁判所に対して異議申立てを行うことで、その審判内容は無効となります。

「裁判離婚」とは、離婚調停が成立しなかったけれども離婚をしたい場合に、裁判によって行われる離婚のことです。ただし、離婚訴訟が認められるためには、民法で定められた離婚原因が必要です(民法770条)。裁判において、離婚を認める判決が確定すれば、強制的に、離婚が成立します。
なお、訴訟手続きの途中で和解によって離婚することができます。訴訟の途中で和解し離婚することを「和解離婚」といいます。

離婚する際には、養育費・財産分与・慰謝料といったお金についての問題と親権者・監護者・面接交渉といった子どもについての問題がトラブルになりやすいです。離婚の成立そのものとは関係ありませんが、離婚届を提出する前に、これらのことについてしっかりと取り決めておくことが肝要です。その後、事後的なトラブルを避けるためにも、必ず「離婚協議書」「離婚合意書」を作成し、取り決めた内容を書面化しましょう。また、公的な書面な書面である「公正証書」を作成しておくことで、お金に関してトラブルがあった際、訴えを提起することなく、相手方の給与、その他財産に強制執行をかけて支払いを履行することが出来ます。

廣瀬太亮では、東京都を中心とした一都三県で離婚、相続、遺言、後見などに関するご相談を承っております。離婚に際してお金のことでお困りのことがございましたら、初回相談30分無料ですので、お気軽にご相談ください。

離婚問題に関する基礎知識や事例

  • 離婚とお金離婚とお金

    離婚時には、慰謝料、財産分与、養育費、住宅ローン、婚姻費用分担請求、年金分割などのお金に関することが問題となりやすい傾向にあります。 ・「慰謝料」 慰謝料とは、婚姻関係の破綻原因をつくった相手...

  • 慰謝料(不貞行為など)慰謝料(不貞行為など)

    慰謝料とは離婚の原因による精神的な苦痛に対する損害賠償金のことをいいます。例えば、夫の浮気やDVが原因で離婚に至ったのであれば、妻が夫に対して慰謝料を請求できます。この際に理解しておきたいのが、...

  • 財産分与財産分与

    結婚してから夫婦双方の収入によって貯めてきた財産を共有財産といいます。離婚の際、この共有財産を公平に分けることを財産分与といいます。離婚を急いでしまい、夫婦の財産について細かい取り決めをせずに別...

  • 住宅ローン住宅ローン

    離婚の際、お金に関して問題となってくることに住宅ローンがあげられます。住宅ローンの支払期間は30年以上に及ぶこともあるので、離婚するときにはまだローンが残っているケースが多いはずです。残った住宅...

  • 婚姻費用分担請求婚姻費用分担請求

    「婚姻費用」とは,別居中の夫婦の生活費や養育費などの婚姻生活を維持するために必要な費用のことをいいます。具体的には,衣食住の費用(家賃,食費,光熱費など)のほか,出産費,医療費,衣料費,子どもの...

  • 離婚と子供離婚と子供

    離婚の際には、子供に関わる問題がいくつかあります。その中でも特に重要となるのは、親権・面会交流・養育費の3点です。 ■親権 ・親権とは 親権は、未成年に対する親の権利でもあり、義務でもあります...

  • 親権と監護権親権と監護権

    ■親権とは 親権とは、父母の養育者としての地位・職分から導き出される権利義務を総称したものを指します。また、親子の法律関係のうち、親の子に対する養育看護の関係を親権関係といいます。 親権に服する...

  • 子供の養育費子供の養育費

    ■養育費とは 養育費とは、親権を持たない親が負担する監護費用のことをいいます。法的な根拠としては、婚姻費用分担(民法760条)、夫婦間の扶助義務(752条)、子の監護費用(766条1項)の3つが...

  • 離婚後の氏と戸籍離婚後の氏と戸籍

    ■離婚による復氏 民法では、750条で「夫婦は、婚姻の際に、定めるところに従い、夫又は妻の氏を称する」、767条1項で「婚姻によって氏を改めた夫又は妻は、協議上の離婚によって婚姻前の氏に復する」...

  • 面会交流権面会交流権

    ■面会交流権とは 面会交流権とは,離婚等によって子どもと離れて暮らしている親が(以下、非監護親)、子どもと直接会ったり、電話や文通等によって親子の交流をすることができる権利のことをいいます。 ...

  • 離婚の種類と手続き離婚の種類と手続き

    離婚と一口に言っても、実は4つの種類があります。 1つ目は、「協議離婚」です。 夫婦が話し合いによって離婚が成立するこの方法は、日本の離婚のうち90%を占めるとされています。 協議離婚では、離婚...

  • 協議離婚協議離婚

    協議離婚とは、夫婦が協議し、双方が合意に至った上で離婚を成立させる方法です。 協議離婚を成立させる上で必要な事は、以下の2つです。 ・離婚届を記入して双方が署名捺印すること ・未成年の子供がい...

  • 調停離婚調停離婚

    調停離婚とは、当事者の申し立てにより、家庭裁判所の調停によって離婚を成立させる方法です。 たとえ離婚を目指したとしても、双方の話し合いがまとまらない場合や、感情的になって話し合いが進まないこと...

  • 審判離婚審判離婚

    審判離婚とは、調停離婚が不調に終わった際、家庭裁判所の審判によって離婚を成立させる方法です。 調停がうまくまとまらなかった場合でも、離婚を成立させたほうが双方のためになると判断され、かつ、わずか...

  • 裁判離婚裁判離婚

    裁判離婚とは、その名の通り、裁判という形で離婚協議に決着をつけるという方法です。協議離婚も、調停離婚も不調に終わった場合、最終手段としてこの方法を採用する事になります。 裁判を起こすにあたって...

  • 離婚問題を弁護士に依頼するメリット離婚問題を弁護士に依頼するメリット

    実際に離婚を目指す事が決まった場合、まずは相手と話し合いを進めようとする方も多くいらっしゃるでしょう。 しかし、離婚問題を早期から弁護士にご依頼いただくと、お客様のご負担を少しでも軽減することが...

  • 離婚調停で親権を獲得するには離婚調停で親権を獲得するには

    さまざまな理由で離婚を決断する際、子どもがいる場合には、その親権をどちらが有するかで話がまとまらないことが多々あります。一般的に、離婚後、子どもと一緒に生活する方が親権を有すると考えられます。子...

  • 別居中の生活費を請求するには別居中の生活費を請求するには

    民法において、「夫婦は、…婚姻から生ずる費用を分担する」ことが規定されています(民法760条)。この規定は、夫婦間の生活保持義務とされ、夫婦はお互いに同程度の生活をさせる義務があることを表してい...

  • 子どもの親権を変更する方法、手続き子どもの親権を変更する方法、手続き

    子どもの親権者を変更するためには、「親権者変更調停」という調停を申し立てることとなります。親権者変更調停では、親権者変更のため調停委員を介し当事者が話し合いを行います。具体的に親権者変更調停の手...

  • モラハラを理由に離婚するにはモラハラを理由に離婚するには

    ■モラハラとは モラルハラスメント(モラハラ)とは、精神的な暴力や嫌がらせのことをいいますが、モラハラを理由に離婚するためには、こうしたモラハラを含んだ相手の言動が第三者から見て明らかにハラスメ...

  • 養育費の決め方|公正証書で取り決めするメリットも併せて解説養育費の決め方|公正証書で取り決めするメリットも併せて解説

    養育費とは、子どもの監護や教育のために必要な費用のことをいいます。 一般的には、子どもが経済的・社会的に自立するまでに、衣食住に必要な経費、教育費、医療費などを支払います。 ※養育費の支払い義務...

  • 離婚時の年金分割とは?手続き方法や必要書類など離婚時の年金分割とは?手続き方法や必要書類など

    ■年金分割とは? 年金分割とは、その名の通り夫婦が離婚する際に、収入の少ない一方が将来年金を十分にもらえるようにする手続きをいいます。 厚生年金給付額は給付以前における保険料納付額によって異な...

弁護士 廣瀬 太亮が提供する基礎知識

  • 遺言書の執行

    遺言書の執行

    相続開始後、遺言が存在した場合は、相続は遺言により行われます。 遺言を執行するには、様々な手順を踏む...

  • 自己破産をすると奨学金の返済はどうなる?

    自己破産をすると奨学金...

    ■自己破産の手続と効力 自己破産は、債務の返済が不可能となった場合に、裁判所での手続きを経て債務の免除...

  • 遺言とは

    遺言とは

    被相続人の最終の意思表示を遺言といいます。 遺言は、被相続人の最終の意思表示ではありますが、それは死...

  • 千代田区の相続は弁護士にご相談ください

    千代田区の相続は弁護士...

    将来生じうる相続に備えて、生前からしっかり準備を進めている人はそう多くはありません。相続は、人が亡くな...

  • 離婚後の氏と戸籍

    離婚後の氏と戸籍

    ■離婚による復氏 民法では、750条で「夫婦は、婚姻の際に、定めるところに従い、夫又は妻の氏を称する」...

  • 家族信託と成年後見人制度の違い

    家族信託と成年後見人制...

    ■家族信託とは 家族信託とは、財産を家族に預けて管理・運用してもらうことをいいます。 財産を預ける人...

  • 遺言書の検認とは?手続きの流れや弁護士に依頼するメリットなど

    遺言書の検認とは?手続...

    遺言書には、相続が起こった後で検認が必要なものと不要なものがあります。 検認が必要なのは、法務局での保...

  • 遺留分侵害請求権とは?権利者や計算方法、期間など

    遺留分侵害請求権とは?...

    ■遺留分侵害額請求権とは? 遺留分侵害額請求権とは、一定の相続人に対し、最低限相続することが法律上保障...

  • 離婚時の年金分割とは?手続き方法や必要書類など

    離婚時の年金分割とは?...

    ■年金分割とは? 年金分割とは、その名の通り夫婦が離婚する際に、収入の少ない一方が将来年金を十分にもら...

よく検索されるキーワード

ページトップへ