03-3262-6901 事前にご連絡頂ければ時間外も対応いたします。
お気軽にお問合せください。
営業時間
平日 10:30~18:00

遺言に関する記事一覧

  1. 弁護士 廣瀬 太亮 >
  2. 遺言に関する記事一覧

遺言

一般的に用いられる普通方式の遺言には、以下の3種類があります。

■自筆証書遺言
自筆証書遺言とは、自分ひとりで作成できる遺言のことを言います。他の遺言であれば、公証役場で何らかの手続きを行う必要がありますが、自筆証書遺言の場合にはひとりで作成して、ひとりで保管することができます。
ただし、自分ひとりで作成できるがゆえに、専門家が介入しない場合に法的なミスや書類不備が発生する可能性もあります。

■公正証書遺言
公正証書遺言とは、公証役場で公証人とともに作成する遺言のことを言います。法律のプロである公証人が遺言を作成するため、法的に間違いのない遺言を作成することができます。
ただし、公証役場で手数料を支払ったりする必要があるため、自筆証書遺言と比べて、費用が掛かります。

■秘密証書遺言
秘密証書遺言は、あまり活用されていない遺言の種類です。遺言内容は自筆証書遺言のように公証人の力を借りずに作成するものの、封筒に入れた遺言の存在だけは公証役場で確認してもらう流れで作成します。
遺言内容を秘密にすることはできるものの、専門家の力を借りずに作成した遺言内容に不備がある可能性もあります。

以上のようにそれぞれの遺言にはメリット・デメリットが存在します。遺言を作成する際には、弁護士等に相談のうえ作成することをおすすめします。

遺言に関する基礎知識や事例

  • 遺言とは遺言とは

    被相続人の最終の意思表示を遺言といいます。 遺言は、被相続人の最終の意思表示ではありますが、それは死の間際の意思表示のことではなく、遺言をした人が、その人の死に最も時間的に近接した時点でした意...

  • 遺言書の種類遺言書の種類

    遺言は、法律の定めに従った方式で定める必要があり、これに反する遺言は無効と判断されます。 そのため、適切な方式を理解した上で、遺言を行うことが重要です。 遺言には、大きく分けて、普通方式遺言...

  • 遺言書の作成遺言書の作成

    遺言書を作成する前に、自身が所有している土地・建物や、株式などの有価証券といった財産がどれだけあるかを明らかにしておく必要があります。 また、その財産の相続人が誰であるかも明らかにする必要があ...

  • 遺言書の執行遺言書の執行

    相続開始後、遺言が存在した場合は、相続は遺言により行われます。 遺言を執行するには、様々な手順を踏む必要があります。以下その手順について説明していきます。 遺言の存在が確認された後、公正証書...

  • 遺言に関する相談を弁護士に依頼するメリット遺言に関する相談を弁護士に依頼するメリット

    遺言に関する相談を弁護士に依頼することで、以下のようなメリットがあります。 ■遺言公正証書作成に必要な書類を全て集めてもらうことができる 公正証書遺言の作成には、戸籍謄本、不動産登記簿謄本、固定...

  • 遺言が無効になるケースとは遺言が無効になるケースとは

    一般的に、遺言は遺言者の死亡の時からその効力が生じます(民法885条1項)。しかし、遺言者の死亡後に遺言になんらかの手違いがあり無効となる場合があります。遺言が無効になる場合は①遺言が方式を欠い...

  • 遺言書の検認とは?手続きの流れや弁護士に依頼するメリットなど遺言書の検認とは?手続きの流れや弁護士に依頼するメリットなど

    遺言書には、相続が起こった後で検認が必要なものと不要なものがあります。 検認が必要なのは、法務局での保管制度を利用していない自筆証書遺言および秘密証書遺言です。一方、公正証書遺言および法務局での...

弁護士 廣瀬 太亮が提供する基礎知識

  • 協議離婚

    協議離婚

    協議離婚とは、夫婦が協議し、双方が合意に至った上で離婚を成立させる方法です。 協議離婚を成立させる上...

  • 千代田区の相続は弁護士にご相談ください

    千代田区の相続は弁護士...

    将来生じうる相続に備えて、生前からしっかり準備を進めている人はそう多くはありません。相続は、人が亡くな...

  • 成年後見制度のメリットとデメリット

    成年後見制度のメリット...

    成年後見制度には、メリットとデメリットがあります。 ■成年後見制度のデメリット 成年後見制度を利用...

  • 離婚調停で親権を獲得するには

    離婚調停で親権を獲得するには

    さまざまな理由で離婚を決断する際、子どもがいる場合には、その親権をどちらが有するかで話がまとまらないこ...

  • 別居中の生活費を請求するには

    別居中の生活費を請求するには

    民法において、「夫婦は、…婚姻から生ずる費用を分担する」ことが規定されています(民法760条)。この規...

  • 高齢者後見に関する相談を弁護士に依頼するメリット

    高齢者後見に関する相談...

    高齢者後見に関する相談を弁護士に依頼するメリットには、以下のようなものがあります。 ■後見制度を使う...

  • 自己破産ができない場合の対処法

    自己破産ができない場合...

    自己破産とは、裁判所が債務者に支払い能力がないと判断した場合に、支払いが難しくなった借金などの「負債の...

  • 遺産とは

    遺産とは

    相続の対象となる遺産には、銀行預金や不動産、株式といったプラスの財産と、借金のようなマイナスの財産があ...

  • 自己破産とは

    自己破産とは

    「自己破産」は債務整理の中で唯一すべての債務を無くすことができる方法です。 債務がなくなるため借金の...

よく検索されるキーワード

ページトップへ