03-3262-6901 事前にご連絡頂ければ時間外も対応いたします。
お気軽にお問合せください。
営業時間
平日 10:30~18:00

離婚と子供

  1. 弁護士 廣瀬 太亮 >
  2. 離婚問題に関する記事一覧 >
  3. 離婚と子供

離婚と子供

離婚の際には、子供に関わる問題がいくつかあります。その中でも特に重要となるのは、親権・面会交流・養育費の3点です。

■親権
・親権とは
親権は、未成年に対する親の権利でもあり、義務でもあります。同時に、親権者の決定は離婚成立の要件でもあります(民法第819条1項)。親権は、身上監護権(820条、821条、822条、823条)と財産管理権(824条)の2種類に大別されます。

身上監護権とは、子供の世話や教育を行う権利、居所指定権、懲戒権、職業許可権を指します。

財産管理権とは、子供名義の財産の管理や、法定代理人としての法律行為を行う権利・義務です。

必ずしも夫婦の一方が親権と監護権を持つ必要はありません。両親をそれぞれ親権者と監護者に分けることもできます。しかし、両親が権利を分割することで子が悪影響を受けるおそれもあるため、家庭裁判所がこのような判断を下すことは多くありません。

・親権者の決め方
親権者の決定は、基本的には夫婦での話し合いによって行います。合意が難しい場合は、家庭裁判所で決定することになります。この場合、親権以外の問題も調停で解決した方が効率的です。調停目的を親権者の指定に限定するよりも、離婚調停という形で申立てを行うのがよいでしょう。

どちらが親権者になるかという問題では、子の将来のためという観点を最優先に判断が下されます。一般的な傾向として、子が幼少のうちは細やかな世話を行う母親の役割が重視されますが、子の年齢が高くなるにつれて子の希望が尊重されるようになります。

最終的には、どちらが子の面倒をよく見ているのかという点が重要になります。

■面会交流
面会交流とは、子と離れて暮らすようになった親が子と面会することをいいます。

ここでの決定に際しても、親権者の決定時と同様、子供の利益が最優先されます。子供が暴力を受ける危険がある場合や、子供が面会を拒否している場合などを除き、裁判所は面会の権利を認めています。

■養育費
養育費とは、子の生活に必要な費用のことを指します。親権をもたない親も、養育費の支払い義務を負います。方法としては、毎月一定額を振り込むというものが一般的です。

負担額は子の人数や年齢によっても変わるので、家庭裁判所では「養育費の算定表」が活用されています。諸条件に照らしてどれくらいの金額が妥当とされているか、調べてみるとよいでしょう。


弁護士廣瀬太亮は、東京都(23区、多摩地域)、神奈川県、千葉県、埼玉県の一都三県を中心に、親権と監護権、離婚と養育費、離婚後の面会などといった様々な離婚問題に関する相談を承っております。お悩みの際にはお気軽に当事務所までご相談ください。

弁護士 廣瀬 太亮が提供する基礎知識

  • 高齢者後見とは

    高齢者後見とは

    成年者は、未成年者ではないため、未成年者を保護するための制度は適用されません。(民法4条) もっとも...

  • 任意整理とは

    任意整理とは

    債務整理の1つに「任意整理」と呼ばれる方法があります。任意整理は他の債務整理と異なり、裁判所を介さず直...

  • 未成年者への相続

    未成年者への相続

    ■利益相反行為とは 未成年者が法律行為を行う際には、代理人を立てることが必要になります。これは、未成年...

  • 家族信託と成年後見人制度の違い

    家族信託と成年後見人制...

    ■家族信託とは 家族信託とは、財産を家族に預けて管理・運用してもらうことをいいます。 財産を預ける人...

  • 離婚時の年金分割とは?手続き方法や必要書類など

    離婚時の年金分割とは?...

    ■年金分割とは? 年金分割とは、その名の通り夫婦が離婚する際に、収入の少ない一方が将来年金を十分にもら...

  • 返還された過払い金に税金はかかるのか

    返還された過払い金に税...

    ■過払い金の元本には税金はかからない 2010年6月17日以前にカードローンを利用して金銭を借り入れた...

  • 成年後見とは

    成年後見とは

    成年後見とは、判断能力が十分でないものに対して、その行為の取り消し権などを認めることによって、本人の保...

  • 財産分与

    財産分与

    結婚してから夫婦双方の収入によって貯めてきた財産を共有財産といいます。離婚の際、この共有財産を公平に分...

  • 遺言が無効になるケースとは

    遺言が無効になるケースとは

    一般的に、遺言は遺言者の死亡の時からその効力が生じます(民法885条1項)。しかし、遺言者の死亡後に遺...

よく検索されるキーワード

ページトップへ